先進のビジュアルクリエーター

◆ 千葉 博也  (ちば ひろや)

 

●[経歴]1964年埼玉県川口市生まれ、多摩大学大学院経営情報学研究科修了

 

●民間IT企業、通産省(現経産省)管轄の社団法人、第三セクター(共にIT系)を経て、2010年より日本地域資源学会 ふるさと学芸員、構想博物館 研究員、2011年より日本地域資源学会宮古復興未来デザイン 研究委員、中野区観光協会 設立準備委員会 アドバイザー

 

●[業歴]IT分野における基本ソフト(OS)の開発の他、インターネットサーバーの構築や電子出版、動画配信の基礎となる画像、動画、音声を利用した分野の技術動向の調査・研究に長年関わる。近年はフリーのIT技術者として、厚生労働省の雇用促進プログラム(Webクリエイター養成)で講師をつとめる。まちづくりの分野では、ITを活用してビジュアルに現在のまちの地域資源を見せる「まちあるきシリーズ」と、まちのこれからのあるべき姿をITのグラフィックデザイン技術を用いてシミュレーションする「もしもシリーズ」の制作を手掛け、各地のまちづくりシンポジウム、委員会などで好評をいただく。

リュクサンブールの森で

望月照彦ユーフォニスト通信

パリの屋根裏部屋で想う

望月照彦構想ゼミナール

なぜいま、屋根裏部屋なのか

パリ発、望月ゼミ生へのメッセージ

[東京/鎌倉/パリ]私の三都物語

望月照彦ユーフォニスト通信

望月照彦:新刊本のご案内

小豆島土庄町MaiPAMのまちづくり

<センス・オブ・ハピネス>

希望と幸せを創造する社会へ

武蔵野市観光機構のHP

中野区観光協会のHP