▮ 長谷部裕治(はせべゆうじ)

 

<知識考房:ソフィア・デザインワークス 代表>

(まとめる技術研究家:経営情報学修士<MBA>)

 ・所属:一般社団法人 小平市体育協会(体育施設管理士, 救命技能認定)

 ・構想博物館研究員・ランチェスター戦略学会会員・日本地域資源学会会員  ・地域活性化学会会員・知的生産の技術研究会会員

 

 ・情報デザイン技術者 ・MOS (PPT2010)・ECCJ認定エネルギー管理者 

 

コンピュータソフトウェア系の業界に長年に渡り勤務。50歳を機に社会人大学院にチャレンジ、マーケティングや情報デザインを学びました。少ない記憶容量で世の中のメカニズムを伝達できるよう、図解づくりで賢い人々の育成に寄与。一方で、スマートコミュニケーション実現のためおいしいパン作りにもチャレンジ。また毎年6レースほどマラソンレースに出場、直近では新コースでの東京マラソンを完走。文武芸の達人を目指す、好奇心旺盛な前期高齢者です。

 

複雑化する現代社会によりよいコミュニケーションを促すべく、Webサイト作りを中核に各種テーマの知見を深め、地域の活性化に貢献、次世代に引き継いでいきたいと考えています。

▮ スポーツマネジメントとツーリズム研究

スポーツイベントとツーリズムの組み合わせはユニークだ。地方という面では、これまで須賀川や南アルプスでのレースに参したが、やはり都心のレースに比べ参加人員が少ない。参加者(地域から見たインバウンド)を増やすことにより、地域の経済効果を高めることができる。今年の参加レースの所感とともにスポーツツーリズムと地域活性化について考えてみたい。 

  

今年初めて、山梨県「桃源郷マラソン」に出場したが、ツーリズムという観点からは程遠い催しだ。特に南アルプス市は「南アルプスの天然水」というブランド商品もあることから、いろいろな企画が考えられる。サントリーの白州工場の見学も面白い。甲府の温泉を絡めるのもいいだろう。帰りに八ケ岳の酒蔵へ寄ったが、単に走り終わって帰宅するだけでは面白みがない。ランナーだけでなく、家族を含めたエンターテイメント、ホスピタリティが必要となるだろう。

 

自治体というクローズな形態に固執することなく、地域全体でのイベントとして企画することで、その活性化につなゲることができる。東京オリンピック/パラリンピックに触発されてか、マラソンブームが到来している。いまこそ、スポーツツーリズムの好例となるであろう「マラソンと観光」に目を向けていきたいものである。

▮ 地域活性化モデル研究

★須賀川市:須賀川のまちを走り研究にいそしむ(多摩大学望月研究室主催)

縁あって、円谷幸吉の歴史を紐解き、生まれ故郷の須賀川市のまちづくりに役立てたく、研究用のWebサイトを構築しました。時々刻々と変化する現代社会の環境に対応した事業を実践するためには、その内容についてWebサイト上で公開した上、社会に認知してもらう必要性があります。さらに、サイトコンテンツの充実とともに、Webサイトを柔軟に編集・更新していくことが重要でしょう。(ソフィアデザインワークス*:はせべゆうじ)

*ソフィアデザインワークスは、よりよい構想つくりの基礎知識となる

コトをモノとして視覚化する工房です

 

リュクサンブールの森で

望月照彦ユーフォニスト通信

パリの屋根裏部屋で想う

望月照彦構想ゼミナール

なぜいま、屋根裏部屋なのか

パリ発、望月ゼミ生へのメッセージ

[東京/鎌倉/パリ]私の三都物語

望月照彦ユーフォニスト通信

望月照彦:新刊本のご案内

小豆島土庄町MaiPAMのまちづくり

<センス・オブ・ハピネス>

希望と幸せを創造する社会へ

武蔵野市観光機構のHP

中野区観光協会のHP