がんばる須賀川市

読売日曜版_2013/11/10

昨日の読売新聞「よみほっと日曜版:名言巡礼」に円谷幸吉の記事が2面に渡って掲載されました。10月に開催された「円谷メモリアルマラソン」が主体ではあるものの、須賀川市の観光資源をわかりやすく紹介しています。直接リンクは出来ませんので、「円谷幸吉 読売新聞 動画」にて検索してみてください。

円谷幸吉研究サイトを作成しました。さらに研究を続けてまります。(by YH)

藤沼湖震災復興ツーリズム

 猛暑の中を、昨年の須賀川市「望月ゼミ震災復興視察団」でお世話になった斉藤百合子さん(多摩大学大学院OB)に、東京スチュージオをお訪ねいただいた。お元気そうで、須賀川の復興観光に全力投球を行っている。斉藤さんの報告のなかで、実に感動的だったのは<地震で堤防が破れた藤沼湖の震災復興ツーリズム>の話であった。

 

昭和12年に完成した人工貯水池は、土木的な問題で堤防は崩壊したが、農村コミュニティの人々の知恵の貯水湖は決して瓦解することはなかったと、私には推測できる。民俗叡智の観光は、これからの農村ツーリズムの先行的なモデルになると確信した。相変わらずシャープな発想を持つ斉藤百合子さんを、横浜のマンモス展に送り出すと、背後から観た彼女の美しき横顔が「知のマンモス」に見えたのは、私の思い過ごしだったのか!


・・・これらのプロジェクトは、望月ゼミメンバー、大学院OBの柏木千春氏、坂西元氏らが応援しています。

マップルで須賀川特集

須賀川市、須賀川観光協会企画、昭文社発行のパンフレット
▲須賀川市、須賀川観光協会企画、昭文社発行のパンフレット

須賀川市の地図

リュクサンブールの森で

望月照彦ユーフォニスト通信

パリの屋根裏部屋で想う

望月照彦構想ゼミナール

なぜいま、屋根裏部屋なのか

パリ発、望月ゼミ生へのメッセージ

[東京/鎌倉/パリ]私の三都物語

望月照彦ユーフォニスト通信

望月照彦:新刊本のご案内

小豆島土庄町MaiPAMのまちづくり

<センス・オブ・ハピネス>

希望と幸せを創造する社会へ

武蔵野市観光機構のHP

中野区観光協会のHP